たったひとつの恋ファンサイト

「たったひとつの恋」を愛してやまない人たちが、その想いをつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「たったひとつの恋」1周年 最終回記念 第1段 

「たったひとつの恋」最終回記念 第1段 

 北川先生に届け、この想い...

たったひとつの恋 最終回 放送記念 !(^^)!
Merry Chiristmas &Happy Christmas !(^^)!
菜緒ちゃん Happy Birthday !(^^)!
北川悦吏子先生 Happy Birthday !(^^)!

2007年12月24日 

ちょうど昨年の先週週末、正しくは、2006年12月16日の最終回の記念になにか..と思ったのですが、
またまた「たったひとつの恋」を最初から最終回まで見続け、想いがいっぱいになりすぎてしまい、こちらで何もできずに終わりました。ごめんなさい。

そこで、今日は、いっぱい「Happy」があるということで...

最終回記念 西P様 経由 北川悦吏子先生へのメッセージを募集します(^^)/
もちろん、「たったひとつの恋」への想い、先生へのお礼、お願い、希望、感想...etc..をです。
今日は、北川先生のお誕生日でもあり、菜緒ちゃんのお誕生日でもある..記念すべき日。

私たちは、昨年「たったひとつの恋」に出会い、私たちもドラマとしてではありますが、リアルに恋をして、ここに集まりました。
こんな場所を許してくださった西P様に感謝しつつ、北川先生を始め、スタッフのみなさんにも、この気持ちを、大切に思う気持ちを伝えたい、といつも思っています。

厚かましくも、ここに北川先生あてのメッセージを集めることをお許しください。


尚、適切ではないと思われるものは、編集・または削除する場合がありますので、ご了承ください。


スポンサーサイト
たったひとつの恋 | コメント:22 |

第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~('06.11.4 O.A.) ~~ その1

たったひとつの恋を愛するみなさま

あっという間に12月の声をきいて、あちこちでとてもキレイなイルミネーションが光だしましたね。

来週の土曜日には、もう最終回だったのかぁ..と勝手に感慨にふけっているうちに..
亀梨君の新しいドラマの情報や、はるかちゃんのドラマや、西Pが「ひと恋」チームとタッグを組む「斉藤さん」の情報や..

でも、私達の(厚かましくてごめんなさい)「たったひとつの恋」は、特別!!
何がどうでも、誰が何でも(?)「たったひとつの恋」は、私たちの心の中に、燦然と、そして温かく、ずっとずっと...確実にあります(*^_^*) 

弘人と菜緒は、2006年のクリスマスは一緒に過ごせなかったけど、きっと今年のクリスマスは、2人で一緒に過ごすのだろうと思います。観にいけなかったイルミネーションも、一緒に見て、スタージュエリーのお手伝いは?だけど夜は、ケーキのろうそくを一緒に消してるかな?菜緒んちで5人でパーティしているかな?..と想像しています。


さて、こちらは、やっと4話です。
この回は、マジモードで怒る弘人が怖くて、その真剣なお芝居ゆえ、あまりリピートできなかった回です。
でも、この先のストーリーを繋いでいくには、決して外せない回になります。
それでは、時間の許す限り..どうぞ、ごゆっくり...(笑)


第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~('06.11.4 O.A.) ~~ その1


のんびりとした時間が流れている弘人の家のダイニング..
廉をはさんで、やわらかな空気の弘人と菜緒...


廉:「僕、クジラが見たいんだ。ね?どうして水族館にはクジラはいないの?」
菜緒:「大きいからじゃ..?」
弘人:「....(首かしげる)」
菜緒:「あ ねぇでも知ってる?クジラって、クジラ同士の特殊な鳴き声で、すごい遠くまで届くんだって。」
廉:「ふぅ~ん」

弘人:「あっ、俺、それ知ってる。あれだろ?何だっけ?200キロぐらい離れていても、クジラ同士だったら、交信できる。」
廉:「えっ?じゃ、200キロ離れていても、おしゃべりできるんだね?」
菜緒:「そう、クジラにしかわからない鳴き声で。秘密の話できるよ。」
廉:「ね?クジラってどこに行けば見れるの?」
弘人:「えっとね、どこだっけな。日本だったら、小笠原..で、ハワイだったら、マウイ!」

ここで、これからずっとつづく「クジラの交信」を、そしてその意味を私達に教えてくれているんですよね。
「クジラの交信」...今となっては、まるで私達のようですね(^_-)


菜緒:「ねぇ、でもいつかさ。クジラの鳴き声聞きに行かない?」
弘人:「誰と?」
菜緒:「あっ、3人で..」
弘人:「...ふっ」
菜緒:「あ えっと、4人でも5人でも..裕子とか、亜裕太君とかも誘って..」
弘人:「..お前、そんなことばっか言ってるとふられるよ..ニヤッ」


廉:「お姉ちゃん、あーゆー時は、2人で..って言わないと」
菜緒:「言えないです...」

ここんとこ、菜緒ちゃんなんだけど、はるかちゃんの素のような気もして、すごくかわいいよね。


☆元カノの登場

ユキ:「ひ~ろ~と」
弘人:「...ユキ..」
ユキ:「元気そうだね。」
弘人:「どうしたの?」
ユキ:「ちょっと話あって..」
そこに登場する菜緒..ただならぬ雰囲気の2人..

弘人が美しい..


菜緒:「誰?」
弘人:「昔の同級生」
菜緒:「即答だったよね。」(去っていくユキの後姿をみている)


☆花屋
花屋の前を行き来するあやしい甲..
花なんて買ったことないもんね~。んで、こわもてだから、怖いよ(笑)

花屋:「あの~何かお探しですか?」
甲:「あの~ほら..あの~。あの~お花はありますか?」(声が裏返ってる(*_*))

すんごい怪しいよ(笑)
このシーンって、DVDだけだよね。本編ではなかったものね。


☆レンタカー屋
裕子ちゃんとのデートスケジュールをきっちりたてる甲と亜裕太..
亜:「たった一回の千載一遇の、最初で最後の..」
甲:「もういいです!いやみは結構毛だらけ..」

このフレーズ、懐かしすぎる..(*_*)
あっ、わかる人だけね..(笑)


日曜日に廉と菜緒と一緒にでかける予定を変更して、「仕事」と称して、ユキにお金を渡しに出かける弘人。

山下と一緒のユキの部屋
おざなりの破滅的な2人の会話

☆車の中..デート中の甲と祐子
甲のデート..暗礁に乗り上げるか..

ススキの野原で車を止める甲..
裕:「ちょっと何?」
甲:「わざと嫌われようとしてる?」
裕:「なんで?」
甲:「裕子ちゃんさ、ほんとに俺のこと嫌いでも、自然にあーゆーことしない人っしょ?人と一緒にいんのに、その人シカトして、必死にメール打ったりとか..しない人っしょ?そんぐらいわかってるよ。今までみていてわかる。
人がかわいいだけで、好きになったと思うなよ。
もうさ、俺のこと嫌いなら、もうはっきり嫌いって言って」

裕:「キライ..とも言い切れない..あの..あの花いつわたすつもり?だんだん枯れてきているけど..」
裕:「そういうとこ、嫌いになりきれないのよ.」
甲:「じゃ、この話はおしまい、今日はデートを楽しもう。」

「人がかわいいだけで、好きになったと思うなよ。」の名セリフ。ここ、良かったね~(*^_^*)


手を握っただけで、ドギマギしている2人...あ~~かわいいねぇ~~。
この純情な気持ち..とってもステキ。


さて、次は、ウソついてまで行ったユキの家から、ですが...
とてもハードなシーンになりますね。
続きは、また...



ドラマ Storyなど.. | コメント:4 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。