たったひとつの恋ファンサイト

「たったひとつの恋」を愛してやまない人たちが、その想いをつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Happy Halloween が届きますように...

「たったひとつの恋」を愛するみなさまへ




今夜は十五夜...
そしてハロウィン♪


なんて組み合わせなのでしょう?

オオカミでなくても、何かに変身しそう(笑)


今日の19時には、菜緒は魔女の格好でガゼボの木の下にいたかしら...
そして、遅れた弘人は、走っていったかしら...


ハロウィンの日は、いつでも、「たったひとつの恋」を思い出します(*^_^*)
あの「たったひとつの恋」サントラ盤「o.s.t」4 曲目『ガゼボの下で』♪で勝手に脳内再生されますね。
img_album_jacket.jpg


そして、もうひとつ忘れられない思い出があります。
それは、昨年のオフ会。

本当にありがとうございました。

懐かしい顔も、LIVEの度に見かける顔も、初めましての方もたくさんいらしてくださいました。
そこから、また新しい”ひと恋の輪”ができて、ここにも”CHAIN”がたくさんできました(*^_^*)

みなさんの「たったひとつの恋」に対する熱い想いと、弘人や菜緒に寄せる想いと...
大切に想ってくださる気持ちが、本当にうれしくて、とっても大切で...

ありがとうございました。

ちゃんとご報告ができていないことが、心残りです。


みなさんのところにも...

cap027.jpg

 Happy Halloween の良いことがありますように♪



P.S.
いつも来てくださるHNの方、新しいHNの方のコメントもたくさんいただき、ありがとうございます。
私にまでお礼を伝えてくださることに恐縮しながら、本当に感激していますm(_ _)m

ここは私ではなくて、みなさんが守ってくださっている場所です(*^_^*)

ここにいらしてくださるみなさんのいろいろな想いがひとつの足跡となり、あたたかい気持ちとして残っていく。
それが一番大切で、この「たったひとつの恋ファンサイト」が存在する意義だと思っています。
どんな想いでも結構ですので、ぜひ投稿してくださいね。

                                            From 亀幸恋P




ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト
その他 | コメント:6 |

放送6周年記念 Repeat 第2回  「ごめん..なさい」 (._.)

こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)

今日は、きれいな三日月です。
空気が澄んでいて、よく見えます。

ここのところ、連日野球の副音声で亀梨くんは毎日、東京ドームですね。
読めないスケジュールって大変だと思うのですが、当を得た質問と、わかりやすい解説がとても好印象です。

よく研究しているなと、感じます。忙しいのに、大量の情報量を頭にいれておかないとできないことだと思います。
熱戦で試合もおもしろいですね。

さて、今日は第2話

<第2話>
「手をつないだ」 ('06.10.21 O.A.)

いきなり現れた菜緒に少し動揺する弘人

可愛い女子大生の菜緒と、作業中の汚い作業着のままの弘人
顔にも重油がついたままです。

菜緒:「ウソツキ...」

この言葉がイタかった(/_;)

気のなさそうなそぶりの弘人
弘人:「何?」

菜緒を正視できない弘人の精一杯のつよがり

廉も可愛いかったですね。
もう大きくなってるんだろうなぁ。


菜緒:「あ、でも、あの子やだよ。弘人..って子..」

何かにひっかかってるのに、それが何かわかってない菜緒がとっても初々しくて、微笑ましくって(^^)

ハーバーカフェでの亜裕太くんとのやりとりもおもしろかったですね。
菜緒:「ケンカとか、そんな仲良くないよ。
そんなまだ、近しくないっていうか..」(希望をふくむ?)

「それにもう、いいから..。あの人のことは...・」

亜裕太から、悪ぶる弘人の説明
亜裕太:「あいつばっかり急いで大人になってったんだ」

菜緒:「仲良くなれるかな?私、あの人と」
亜裕太:「なれるといいと思うな」

本当の弘人を聞いて、自分の予感?を信じてる?

ハロウィンの真実!を責められる弘人
船の上
弘人:「抜け駆けとかそういうんじゃないし..」

菜緒の連絡先を素直にうけとらない弘人
ここ。
あさっての方向をみながら、ポケットにいれる弘人に、きゅん!でしたね。

そして、ひとりになって、菜緒の住所を確認する弘人
ベッドの上に寝ころんでボールをキャッチ♪

廉と弘人の時間...
和む時間でした。
誰よりも優しい弘人が素直に出せるシーンでした。

~~正直言うと僕は、彼女のことを思い出さないようにしていた。
でも、あの時彼女に言われた「ウソツキ」っていう言葉は、
間違って冷たい水にいれた角砂糖みたいに、
かき回してもかいまわしても、溶けなかったんだ。

どうしても、心に残り沈む...~~

このナレーションがなんとも切なかったですね。


この回でなんと言っても可愛かったのは、お祭りのシーンですよね。

”あいつ”に反応する菜緒

ここの再会も良かったですよね。

菜緒をみつけて躊躇する弘人
先にすすめない

振り向いて弘人に向けた強い目の菜緒

その目に気付いて
まいったな風に正視できない弘人


弘人に「お前ね」と呼ばれて、ドキッとする。
菜緒:「そんなやめて。そんな仲良くないじゃない」

弘人:「うそついてて悪かったな、ごめん..なさい」
不意打ちで素直に謝る弘人に、ハートをドギュンの菜緒

ここも好きだったなぁ~♪

「お前なにすんだよっ!」弘人が裕子に放った言葉に反応する菜緒

『何?これはこころが こおった。お前って言った』

”お前”という菜緒の中で”仲良し”の条件が、自分だけだと思ったのに、裕子にも使ったことが菜緒自身も気が付かないヤキモチに反応したんだよね(^_-)

菜緒:「私。私...やっぱりあのオレンジのほしい。あのイガイガの欲しい」

弘人:「ガキかよ。そんなもんほしがってさ」
菜緒:「違うよ。あなたがとってくれたのだからほしいんだよ」
弘人:「俺も..ふっ。俺も、あんただから取ってきたんだけど..。ふっ。
あ、行こうか 見に?」

弘人の後ろ手
それを見つめる菜緒

じっと...じっと...
不安に待つ弘人

菜緒が置いたのはイガイガ...

弘人:「違うだろ?ふっ」
菜緒:「はい」

もう一度、弘人が手を差し出すと、今度は菜緒の手(*^_^*)
弘人が一度ふりむき、菜緒を確認して
弘人:「ふっ..」

走り出すふたり
照明の中、それよりも輝く笑顔のふたり


イガイガの交信
ベランダを見つめる弘人

「めんどくせーよ」と言っておきながら、懐中電灯をふる弘人
弘人:「振りぎだろ? ふっ」

あなたもですよ。弘人(笑)

こぼれるほどの笑顔の菜緒

観たり、書いたりすると一連の流れなのですが、ここは本当に何回みてもきゅんきゅんするシーンが満載です。

菜緒のまっすぐさに好きになって行く弘人と、自分の気持ちをもてあましつつ、正直すぎるほどの菜緒が、どれほど微笑ましくて可愛くて、応援したくて、きゅんきゅんしたか。

そして、また来週は菜緒の家庭との格差に悩む弘人なわけですね...(;_;)


この回から登場だった田中好子さん。
こうやって映像で観ていると、とても生き生きとしてらして。
とてももう来世に行ってらっしゃるとは思えないのですが、きっと空からもあの優しくて穏やかな笑顔で見守ってくださっていると信じています。



                               From 亀幸恋P



ジャニーズブログランキング


ドラマ Storyなど.. | コメント:4 |

放送6周年記念 Repeat 第1回  「でも、ちゃんと来ました」(*^_^*)

たったひとつの恋を愛するみなさまへ



こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)


今日は、「たったひとつの恋」第1回 放送日ですね。

その物語を思い出す時、毎週ドキドキしながら放送を待っていた自分を思い出すと、こっぱずかしいというか、初恋のような甘酸っぱい想いになります。

放送開始から、もう6年もたったのに、毎年みんさんが、こうして第1回放送記念日を忘れないで、ここに集まってくださること。
そのことだけを考えても、すごいことだと思うのです。

毎年4クールにわけて、1クール何本ものドラマが大量生産されている時代。
その時、その時でおもしろいドラマもあるのですが、やっぱり「たったひとつの恋」は特別なんですよね。
そんな想いが同じ人がいっぱいいる。

それがとてもうれしいのです(*^_^*)

今日も見直ししていましたが...
弘人と菜緒の初めての会話は「めばる」だったんですね(^^)


★第1話:『上流と下流の恋』('06.10.14)

~~たとえば...
夏の日の花火みたいに忘れられない
たった、たったひとつの恋なんていうのがあるとすれば...~~

亀梨くん独特の少しハスキーな声の静かなナレーションが、とっても好きでした。

とても”素敵な”とは言えない出逢いのシーンがあり
水槽越しの再会があり

...ここもシチュエーションが好きでしたね。

鞄を探すところ、プールサイドでの会話

プールへどぼん♪
コンタクトレンズの会話も好きでした(^^)

弘人たちや菜緒ちゃんのコスプレもあり

雨上がりのガゼボでの再々回
そうそう菜緒はハロウィンの仮装もありましたね。

「そういうとこがダメなんじゃん?」と最初から言われていたのに、正直すぎる菜緒

そんなまっすぐなところにひかれて、自分も柄にもなく素直な告白をする弘人

弘人:「でも、ちゃんと来ました」
菜緒:「どうして?」
弘人:「それ言わせんの?」
弘人:「ふっ、俺、あんたじゃないからさ、あんたみたいに、スラスラ言えないんだよね。ここまでで勘弁して」


...ああ、何度観ても、きゅんきゅんします(>_<)

菜緒の満足そうな顔。こちらも笑顔になりますね。

弘人:「帰ろうか...」

少し前をとっとと歩く弘人ですが、さりげなく後ろの菜緒をみやる弘人が、もーかっこよすぎて(*^_^*)

弘人:「大丈夫?」
菜緒:「うん、大丈夫」

弘人が自分のジャケットを菜緒に着せた後で、ハロウィンのキャンディーをポッケから探す演出も好きでした。

菜緒:「ひどい!あなた、意地悪なんだか、優しいんだか、よくわかんないね」

一瞬で真実を突いた言葉でした。
弘人の所在なさげな風情がなんとも微笑ましかったですね(^_-)

きっとこんなにまっすぐに自分のハートに飛び込んで来る女の子はいなかったのでしょうね。
モテモテで女の子とつきあうことに慣れている弘人だからにこそ、響いた言葉なのかもしれませんね。

~~恋の始まりは、いつだって赤ちゃんのまばたきみたいに
ささやかで美しいんだ。

それがその後、どれほど残酷で苦しい恋に育っていくとしても
僕は、その運命を逃れられない~~

菜緒:「うそつき...」

この言葉がどれほど胸につきささったか...(-_-)

でも大学から料亭から、ひとつずつ、弘人のウソを解明してしまった菜緒の心もさぞ痛かったと思うと、それもツラいのですが...

衝撃のラストを残して、また来週へと続くのです。

今でも、放送の1時間がどれほど短くて、次週までが永遠かと思うほどに長かったのか、思い出します。

胸がきゅ--んとつぶれるような想いを抱いたままで...


みなさんにお伺いしたいのですが...
この第1回の中で、1番好きなシーン&好きなセリフがあったら、ぜひ教えてください(*^_^*)

なかなか絞れないと思うのですが、1回ずつだったら、なんとか...絞れるかな?と思ったり(^^)

私は..タイトルにもした『でも、ちゃんと来ました』が前後を含めて好きですね。


昨年の「放送開始5周年記念」の記事は、なぜか下書きに入ってしまっています。
映像を載せているので編集が必要かと思うのですが、みなさんのコメントも一緒なので、再掲したいと思っています。
編集後にまた再掲しようと思っていますので、もう少しお待ちください。


今日もこの記事のUpの前にもコメントをいただきました。
ありがとうございます(*^_^*)(20時すぎにコメントいただいた方、HN教えてくださいね)

この「放送6周年記念 Repeat』をまたここで、みなさんとご一緒できること。
今も「たったひとつの恋」が愛されていることをうれしく思い、「たったひとつの恋」に出逢えたこと、それによって繋がれている絆があることに感謝しますm(_ _)m

遊びに来てくださるみなさま
本当にいつもありがとうございますm(_ _)m


                               From 亀幸恋P



ジャニーズブログランキング


ドラマ Storyなど.. | コメント:9 |

金木犀の香る頃になると...

たったひとつの恋を愛するみなさまへ



こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)

過ごしやすい季節にようやくなりましたね。
どこからともなく金木犀の香りがしてきます。

だいたい夜に、金木犀の香りに気づくのですが、それは私だけでしょうか?
なのでいつも、よっぽど近くに咲いていない限り、その姿を見つけることができなかったりします。

金木犀の花言葉は「謙虚」だそうです。
姿をみせず香りを残す...そんな感じでしょうか?
なんだか憧れますね。

さて...
夜が長くなって10月になり、ハロウィンのディスプレイをあちこちで見かけるようになると...
やっぱり「たったひとつの恋」の季節でしょう。

みなさまのコメントにもあるように、どうしても...
どうしても、またDVDをひっぱりだして観てしまうのですね。

先日観たドラマのラストのシーンが大桟橋でした。
どんなドラマのシーンでも「横浜だ!(@_@)」とわかってしまうほど...大好きです(^^)

先日、念願だった「ひみつのアッコちゃん」を観てきました。
はるかちゃんに加え、もともと岡田くんも好きな俳優さんでしたし、キャストのみなさんがとても生き生きしている映画でした。
はるかちゃんは、ほんとに可愛くて、素直で純粋なアッコちゃんで、中身は小学5年生。

この役ははるかちゃん以外には考えられないと思いました。

漫画が原作ながら、人の欲望や会社の野望などもおりまぜてあって、大人もおもしろいストーリーに仕上がっていました。

アッコちゃんの恋心も..5年生ですからねぇ...と思いつつ、恋愛する気持ちってこんなにドキドキだったかしら?など、懐かしいような想いも思い出したり。

観終わった後、とってもスッキリ爽やかな気持ちになる良い映画でした。
もう公開からは、ずいぶんと経っていますが、もしも可能なら、みなさんにもお勧めします(^^)



亀梨くんの『DREAM BOYS 2012』も大きなトラブルもなく、無事に千穐楽の幕が降りました。

後輩を迎えて、また新しいストーリーを魅せてくれました。
記者会見で『今回のDREAM BOYSは、誰も悪者をつくりたくない』と言っていたことがすごく印象的です。

”誰かが誰かのために生きてる”
テーマ曲は亀梨くん作詞の『絆』でしたが、まさに、これも亀梨くん作詞の『someday for somebody』の世界観でした。

若い頃から、もう8年間も座長を務めてきたキャリアも輝く、それはそれは立派な立派な座長さんでした。
後輩たちもきっと大きな背中と心を、学んでくれたのではないかと思います。

そして、我らが西Pも観劇いただきました。
北川さんは体調が優れなくて、今回は観劇できなかったそうで、とっても残念です。

今年の亀梨くん演じるカズヤは格別ではなかったかと思います(毎年です)


さてさて...
来る10月14日は、放送記念日ですね。
2006年10月14日...もう6年も経ちました。


またお祝いできるといいですね。

ではでは...
お風邪などめされませんように...




                               From 亀幸恋P



ジャニーズブログランキング


ドラマ Storyなど.. | コメント:3 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。