たったひとつの恋ファンサイト

「たったひとつの恋」を愛してやまない人たちが、その想いをつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最終回からも10年ですね(*^_^*)

たったひとつの恋を愛するみなさまへ



こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)

とても寒い冬がやってきましたね。
北海道の寒波もとても心配なレベル。

関東も寒いですね。あったかくして、ゆっくりしてくださいね。
そういう時間には、ぜひ「たったひとつの恋」のDVDをどうぞ(*^_^*)

船の上で弘人と菜緒があったまったストーブのように、ぬくぬくできるかもしれません。

◆「たったひとつの恋」
さて、10年前の今日「たったひとつの恋」の最終回の日

タイトルも、まさにシンプルに「たったひとつの恋」でした。

初回からどんな結末になるのか、とてもドキドキしていた、あの番組のラストショット
赤いラブソファーで、白い衣装を着て、目をつぶる弘人と菜緒
赤い糸で結ばれるように...

でも、もしかしたら、結ばれるのは、次の世で?(@_@)

菜緒は、とても身体が弱いし、弘人の先行きは混沌としている。
悲しいに結末に終わる要素は十二分にありましたから、とても不安でした。

二つあった、エンディングのアイデア
本当に、ハッピーエンドで良かった(^o^)

もしも、悲しい結末だったら、何度もDVDを観る時に、その度泣いてしまう。
やっぱり、ドラマはハッピーエンドじゃなきゃ♪


初回に探していたのは、コンタクトと青いビーズのバッグ
最終回でみんなでおいかけたのは、バスの座席に置き忘れたままの菜緒のバッグ(織り柄のある紫色のバッグに見えました)

「僕は、君といると探し物ばかりしているんだ....」

「ごめんとか、言うなよ」のくだりからの(切なすぎて書けない(>_<))
菜緒:「じゃぁ、行けないけど..行くね..」
弘人:「・・・ああ」

ロープを挟んでのやりとりは、病院を抜けて来た朝、工場の前での別れ。
ダッフルコートのベルトを引っ張ってギュッ!「6回目」へのオマージュだったのですよね。きっと。

菜緒「弘人は、人をちゃんと好きになることなんて、できないんだよっ!」

弘人のナレーション
「僕は、ちゃんと君を愛せてたかな...」

そして、「ねぇ、弘人。大好きでした。そして、今も大好きです。本当に本当に心の底から、あなたを愛していたんだよ」という菜緒からのお手紙(ナレーション)で、それに答えていましたね(^_-)

「勝手に行くなよ」のセリフも、ファーストキスの時と同じでした(*^_^*)

これまでの総集編のような内容も、菜緒のおうちでのケンカも、菜緒の転勤も、声を出して笑ってしまうギリギリの甲の演技も、盛りだくさんの最終回でした。


何度みても、切なくて儚くて恋しくて、美しい...

本当に本当に、あの時期であのキャストで、あのシーズンで。
周りをあのスタッフが固めてくださらなければ、とうてい会うことのできなかったドラマでした。

このドラマが制作されたことには、感謝しかありません。
ありがとうございました。

10年経っても、ひとつも色あせることなく、何度みてもキュンキュンするドラマです。
こんなに愛せるドラマは、他にはありません。

こうして、放送開始から10年経ちました。あっという間でしたが、内容的にはとても長い10年でした。
KAT-TUNも、いろいろなことがあって、メンバーも半分になりました。
なにより、もう廉くんがパパになっているなんて(@_@)
おめでとうございます。

あ、また長くなってしまいましたm(_ _)m
また、書きます。読んでやってください。

冬本番の気候になってきました。乾燥もしてきました。
風邪やインフルエンザにもお気をつけてください。

みなさま、あたたかくして、どうぞ、ご自愛くださいませ。



From
亀幸恋P

追伸)
オフ会においでくださったみなさま。
近い方も、遠いところからおいでくださった方も、本当にご参加ありがとうございました。
とても貴重で楽しい時間でした。

宿題の提出もお待ちしていますね(^_-)
よろしくお願いします。


ジャニーズブログランキング



スポンサーサイト
ドラマ Storyなど.. | コメント:2 |

12月もひと恋は切なさMAXです(*^_^*)

たったひとつの恋を愛するみなさまへ


こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)

いつも、読みにきていただいて、ありがとうございますm(_ _)m

もう12月になりましたね。
すぐにクリスマスです。

街の中がクリスマスイルミネーションで彩られてきました。
北海道の方は豪雪ですが、その地域にお住まいの方は大丈夫ですか?

こちらは、なんだかあたたかくて、冬って雨が降るたびに寒くなると思っていたら、最近は雨の後、温かくなるんですよね。
あれ?
このまま春になるの?(@_@)って思ってしまうぐらいです。
温かいのはうれしいのですが、やはり四季の通りになるのが一番ですね。
きっと冬がなければ、春のウキウキする感じも少なくなっちゃうんじゃないかな?と思います(^_-)


寒い季節のひと恋は、星空のように澄んでいて、いろんなシーンを思い出します。
船の上で、ストーブを焚いてあたたまっていましたね。
二人で毛布にくるまったり、追いかけっこをしたり...キュン死しそうなシーンやセリフもたくさんありました(笑)

背広の上にダウンジャケットを着て、手すりに腰掛けて、海側に向かって煙草をすっていたシーンが大好きで。
振り向いた時には、本当に息が止まるかと思いました(*^_^*)

冬は、菜緒の結婚が進んでいく時でもありました。
弘人が工場売却を決めて、機器を見にきた時に、菜緒が懐中電灯を見つけて走って工場へ行くシーンもありました。

「何、してんの?」という前置きのないセリフ
菜緒らしくてね。そこがまた可愛かった(^_-)

二人のやりとりの切なさがMAXで、悲しくて切なくて、次回まで待てないぐらいやきもきしたものです。

弘人の息が白くライトに映されて、とても寒い日だったのが、また切なさを増すんです。

弘人:「ごめんは言うなよ...言いそうだったから」
菜緒:「言わないよ。 ・・ちょっと言いそうだったけど。」

ここのセリフもうなりました。く---(>_<)って感じで、ハートをバキューンでしたね。

菜緒:「困るね。こういう所で笑っちゃって、 楽しくなるの、違うよね。」
弘人:「..奈緒。俺、別に楽しくねーよ。 必死こいて...自分作ってんだよ。 だからカッコ悪くなる前に行けよ」

ええ、弘人は、漢(オトコ)でしたね。

きっとオレと結婚するより、斎藤さんと結婚する方が菜緒が幸せになるんだと思い、諦めて諦めて、でも諦めきれなくて、それでも諦めようとして。
すべて菜緒のために。

はぁ...ダメ、切なくなりすぎますね。
たまたひきずりそうです(笑)

結論も知っているのに、何回も観ているのに、本当に不思議なドラマですね(*^_^*)


来週からは、寒さが本格的になるようです。
紅葉の見頃も今週までとか。

冬が来ますね。
今年はインフルエンザの流行が早いようです。

みなさま、くれぐれもご自愛くださいませ。


◆オフ会のご案内
「たったひとつの恋」放送10周年記念オフ会に参加してくださる方に、深い時間にご案内のメールを出しました。失礼しました。
内容のご確認をお願いします。
届いていない、読めないなどがありましたら、オフ会専用のメルアドか、ブログ鍵コメントにしていただけましたら、再送します。
よろしくお願いします。

それでは、また...(*^_^*)

                    From 亀幸恋P




ジャニーズブログランキング

ドラマ Storyなど.. | コメント:5 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。