たったひとつの恋ファンサイト

「たったひとつの恋」を愛してやまない人たちが、その想いをつづるブログです。

放送開始6周年☆第5話 「君がいなくなる」 楽しい時間が短すぎる...よね?

「たったひとつの恋」を愛するみなさまへ



こんばんは。
亀幸恋Pです(*^_^*)

日の落ちるのが早くなって、あっという間に暗くなっています。
秋の日は「つるべ落としと」とは、良く言ったものです。

今朝、今年初めて自分の息が白いことを発見しました。
寒い地域の方では雪ももうたくさん降っているのでしょうか?

今年は寒の入りが遅かった分、寒い冬になるのでは..と天気予報で言っていました。

今日は満月です。
空気が冷たくて澄んでいるので、お月さまもそのそばの星も、とっても綺麗です。



今回は、楽しいドライブデートでしたね。5人のキラキラの笑顔が、柔らかくなった秋の太陽の光に眩しくて(^^)
とても素敵な笑顔がたくさん見えました。

その後ろでうごめく企み...


第5話 「君がいなくなる」 ('06.11.11 O.A.)


菜緒の誤解を必死で解く弘人
ちょっと怪訝な表情の菜緒

でも、弘人が説明に来たことのうれしさは隠せていませんでしたよね。
可愛い二人...

弘人の「なんなら神様、仏様に誓ってもいい」
ちょっと古くさいセリフですが(^^;)
必死な弘人が、滑稽なほどに可愛くて。


菜緒:「そいで..」
弘人:「で?」
菜緒:「末永くよろしく..」
弘人:「了解」

最初「えっ?ここで”了解”って使うかなー」とも思ったのですが、あえて「了解」という言葉を選んだのかと思い直しました。
もっと濃密に甘い言葉でもいいとも思うのですが、それでは二人の純粋さが強調されなくなっちゃうかな...と。

喫茶店の他のお客さまと同じように(そうかは不明ですが)
あったかい気持ちで見守りたい二人です(*^_^*)


みんなでデート♪
菜緒んちの大きなスカイブルーのマスタング車。おまけにオープンカーです。
およよ。

この回のデートは、本当に楽しそうでした。
5人が5人ともに。

笑顔がとてもお芝居とは思えませんね。

私生活ではきっといろいろなことの制約があって、外でのびのびと自転車に乗ったり、観光地で大きな声で笑ったりということも難しいのでしょうね。
そして、そんなシーンでもお芝居の雰囲気のまま、楽しめる5人がとても素敵だと思いました。


3人の母校へしのびこむシーンも観ているだけでドキドキしましたね。
自分の経験から、そうなるのか(笑)

「夜の学校」っていうだけで、若い時は盛り上がって肝試しみたいなこともトライしたものです。

さて...
弘人の青春がつまったグランド

ピッチャープレートに頭を乗せる弘人

それを見つけて、にぎやかな仲間からそっと離れて近づく菜緒

菜緒:「私がいられなかった、弘人の高校時代。そこにいた気持ちになる。今でだけでも...」
弘人:「だめでしょ?あんたがここにいたら、きっと姫だから、俺なんか選んでないよ。もっとカッコいいやつ、いっぱいいたもん。」
菜緒:「違うよ。ちゃんとあなたを見つけたよ。どこでどう会っても!」

ここのやりとりも大好きです。


弘人:「この先は、ずっと一緒にいるから・・・いい?」
菜緒:「いいよ」

cap027_20071111133626.jpg
この蒼いキスシーン、大好きです(*^_^*)
このシーンを一番にあげる人が多いでしょうね。

--亀梨くんのたくさんあるキスシーンの中でも、このシーンはベストかな?と思います。
演出も素敵でした。

このシーンを観るだけで、きゅ--んってなります(>_<)

はるかちゃんのキスシーンも多くはないけれどありますよね?
「世界の中心で愛を叫ぶ」にもありましたね。悲しいエアカーテン越しのキス。

でも、やっぱりこのグランドの蒼いキスシーンが一番好きですね(*^_^*)

~弘人ナレーション~
『遠くにあいつらのはしゃぐ声を聞きながら、
菜緒とキスなんてしながら、
俺はなんかすごく満ち足りた気分だったんだ...

必要以上にはしゃいだり、必要以上に悲しんだり・...
あの頃のいくつかの出来事は、今も、この胸の奥で光を放ちつづける。
まるで、タイタニックの海底の宝石みたいに...』

弘人の低く少しハスキーなナレーションが素敵でした。


幸せな時間は、短かったです。

また2人を障害となる問題が二人の知らないところでうごめいていました。

ウキウキとドキドキがまざりあう慎重なおももちで歩く弘人
あり得ない光景を目にする弘人

乱闘シーンも迫力がありました。

自分を犠牲にしてでも、必死に菜緒を守ろうとする弘人の真剣さが、心につきささりましたね。

波岡くん演じる山下が、憎くて憎くて...世の中の理不尽さを表現しているようで、苛立ちもしましたね。
ドラマの中に入り込みすぎてました(汗)


結局、何も悪くないのに、達也に牽制され、諦める弘人
cap043_20071111133755.jpg
絶望感いっぱいであおぐ空...

肩を落とし、重い足を引きずりながら、帰途につく弘人

お兄ちゃんに逆らいエレベータから降りずに、弘人の元へ走る菜緒

cap045.jpg
菜緒:「あきらめないからぁ!私、弘人のこと、あきらめないから!」
”あきらめない交差点”(神崎です!さん命名)にて..<

菜緒の叫ぶ声を少し驚きの表情で見つめる弘人
弘人を絶望から救ったことは間違いありません。

オレンジ色の夕焼けを表したシーンがあったかい気持ちにさせてくれました。


~弘人ナレーション~
『ねぇ、あの時僕は、一生君を愛していけるような気がしたんだ』

放送当日の朝に、北川さんの強い依頼で入れた弘人のナレーションがとても効いていました。
弘人の少しハスキーな声が、とっても良いんですよね。


セピア色のあきらめないから交差点から、ひきの画像、小さくなる二人...

そこに「僕らの街で」のイントロが流れてきます。
うなりそうになるぐらいマッチしていて、切なさがピークに到達していく。


どうか、どうか..神様
2人が幸せになれますように..と願っていました。


これからの展開も見えず、祈る気持ちばかりで、切ない想いをかかえて過ごす一週間は長かった...
楽しみなだけに、余計にツラいっていう気持ちも、大人になってから初めての経験だったと思います。



                                From 亀幸恋P

P.S.
今夜は亀梨くんは日本テレビ「ベストアーティスト2012」で久しぶりに歌って踊っていました。

昨年の今頃、好調だったドラマ「妖怪人間ベム」が映画になって、とても忙しそうにプロモーションで日本中をあちこち駆け回っています。

あのベムの引き込まれる演技と、三人から伝わるあったかいメッセージが、大きなスクリーンで観られるんですものね。
とても楽しみです。



ジャニーズブログランキング


ドラマ Storyなど.. | コメント:3 |
<<放送開始6周年☆第6話 「ふたりの秘密」 ロマンチックなタイトルでしたが... | HOME | 放送開始6周年☆第4話 「僕の怒り、君の涙」 どちらも悲しかったですね。>>

この記事のコメント

さちりんさん、更新ありがとうございます。

私も、5話のキスシーン大好きです!!

亀コレクションの中で一番のキスシーンだとおもいます。

でも、5話というとやはり乱闘シーンが思い浮かびます。

菜緒を傷つけまいと、弘人が上からかぶさるように菜緒を必死で守っていたあの姿に心打たれました。


”あきらめない交差点”  私も使わせていただきますね(*^_^*)

2012-12-02 Sun 19:57 | URL | ゆづ #-[ 編集]
さちりん、更新ありがとうございます。

12月に入りめっきり寒くなり、九州の方でも初雪が降りました。

今回は、第5話。
前半の幸せいっぱいの二人と、後半の切ない展開に、この先二人はどうなるのかと、不安になった回でした。

この回は、好きなシーン満載。

グランドでの初チュウ。
工場に帰って、空を見上げての弘人のナレーション。
菜緒を守る為に、傷だらけになる弘人。
そして、「あきらめない交差点」。

本当に、放送直前に追加したナレーションが胸に響きます。
2012-12-09 Sun 12:11 | URL | かすみら #aTPYaTWU[ 編集]
5人のドライブデートのシーン、ウチもすきでした(*^^*)
みんな本当に楽しそうでしたよね(*^_^*)
水族館で一人亀と戯れる亜裕太が可愛くて可愛くて…//(笑)

高校でのキスシーンやばかったです//
めっちゃきゅんきゅんしました!!
ウチもあのキスシーンが一番好きです(*^^*)

菜緒が達也を振り切ってエレベーターを降りたシーン、本では、
「妹の裏切りに立ち尽くした」的なことが書いてあって、弘人に恋をしたことで菜緒は大きく変わったんだなぁと思いました。

「あきらめない交差点」いいですねー(*・ω・)ノ
使わせてもらいます!!

今週の土曜日から横浜にロケ地巡り行きます!!
あきらめない交差点もしっかり見てきます(^_^)
2012-12-12 Wed 18:57 | URL | 理央 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |