たったひとつの恋ファンサイト

「たったひとつの恋」を愛してやまない人たちが、その想いをつづるブログです。

第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~('06.11.4 O.A.) ~~ その2

すっかり、季節が流れましたね。
「たったひとつの恋」ファミリー(笑)のみなさま。
大変、ご無沙汰いたしました。

遅くなりましたが、「たったひとつの恋」2周年に突入しております。(笑)どうぞ、今年も長い~~~~目で、よろしくお願いいたします<(_ _)>

我らが西P様の「斉藤さん」もなかなか順調なすべりだしのようで、一安心(あれ?上目線?(笑))、「人間として、大人として、何か大切なものを忘れているんじゃないの?」と突きつけられ、忙しい毎日に追われている自分を反省したりして..(^^;)

「1ポンドの福音」ももう第3回が終わりました。亀梨君のコメディでの新しい魅力が全開です(*^_^*)
今回は、山下君こと波岡君もボクシングジムの仲間として、出演ですね。いっぱい絡みもあって、いい味だしてます。

そして、局が違いますが、はるかちゃんのドラマも始まりましたね。不思議な先生の役がまたぴったり(笑)ですね。でも、実力派、確定ですね(^_-)
平岡君も重要な役で、やさしくも頼りがいのある弟くんの役が、よく似合います。

それぞれの方々が、実力に見合ったチャンスに恵まれて、ますます活躍されていることが、とっても嬉しいですね(^_-)
「ひと恋」ファミリーとして、光栄に思います。

そして、「離れていても、心はひとつ」揺るがないものです。
安心して、応援できますね。




それでは、今回は、第四話からの続きです...



第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~('06.11.4 O.A.) ~~ その2

川べりで草野球をみる菜緒と廉
暖かい日差しの中...映画を観に行くのをやめて、2人で観ている。ほんとの姉弟みたいね(^_-)


廉:「お姉ちゃん。僕ね。中学に行ったら、野球やりたいんだ。」
菜緒:「へぇ~。」

廉:「でも、僕が野球やりたいのは、内緒だよ。」
菜緒:「どうして?」
廉:「心配するし、どうせ無理だし。」

廉:「僕は、神様が作った不良品なんだ。」
菜緒:「そんなことないよ!廉君は不良品なんかじゃないよ。
廉君は..う~~ん。空の星が何かの間違いで、一つだけ落っこちてきた感じ。それも一番キレイなやつが。」
廉:「空の星?」
菜緒:「そう!だって、すっごいきれいな目しているし、かわいいし、良い子だもん。私がもし、本当のお姉さんだったら、宝石みたいに、大事に大事にしまっときたくなっちゃう。毎晩、抱いて寝るよ。」
廉;「ほんと?」
菜緒:「ホント。」
廉:「僕、今までずっと厄介者だと思ってた。お母ちゃん、僕のせいで、お金無いって言うし、お兄ちゃんだって、大学行かないで、すぐ働いたし..」
菜緒:「違うよ。廉君は、みんなの生きがいだよ。お母さんにとっても、お兄ちゃんにとっても。」
廉:「そうかな..」
菜緒:「そうだよ。だから、廉君はみんなの宝物なんだよ。」

ここの会話は、幼い廉君が健気で、泣きましたね。
よくぞ、菜緒姉ちゃんに、思いの丈をぶつけて話てくれた。
菜緒が、やさしく、そっと汲んでくれた廉君の心..。「みんなの宝物だよ」この言葉が、これまで自分をいろんなことで否定していた廉の心を救ってくれたでしょう。菜緒の優しさに感謝。

そうなんだよね。子どもは「宝物」。日常の日々の中で、つい流されてしまいそうな大切なこと..「たったひとつの恋」は、そんなことも気づきをくれたドラマでした。多謝...


ユキのアパート

うらぶれた部屋の中
明るいうちから、お酒飲んでるユキ。

ユキ:「弘人...」
抱きつかないで!
弘人:「そういうんじゃないから。すごい部屋だな。」
ユキ:「だって、弘人しか頼る人いないんだよ。」
弘人:「お前、山下とつきあってんだって?何?貢いだりしての?お前そういえば、美容師になるんじゃなかったっけ?」
ユキ:「そんなの夢だよ..」
弘人:「はい(お金をとりだし渡す)。とりあえず、それで、ここ出て。どうしようもない仕事とか、手つけんじゃねえぞ、お前。あと、水商売も・・。たいがいにしとけ、な。」
ユキ:「ヨリもどそうよ。」
弘人:「お前、何言ってんの?いい加減、ちゃんとしろよ。」
ユキ:「とんでもないお嬢さんとつきあってんだってね。そんなの遊ばれてるだけだよ。ウチらみたいな底辺のヤツ、本気で相手にするわけねぇじゃん。意地悪で言ってんじゃないよ。私はそいういうのいやってほどみてきたんだから。これは忠告だよ。」
弘人:「ふん。聞いとくよ。」

踏切に立つ弘人...信じていても、ユキが言うことも、あながちウソではないだろう。不安になる弘人。菜緒の事を想いながら、空を仰ぐ...


ちょうど廉のところに飛んできたボール
子ども:「ナイスボール。君ちょっと打たせてあげるよ。」
菜緒:「あ、ごめんね。ありがとう。でもちょっと、この子・・ね?」
廉:「僕、やってみたい。大丈夫だよ。お医者さんにも言われてるんだ。調子の良いときは、走ったりしてもいいんだよって。」
菜緒:「う~~ん。でも..」
廉:「野球なんて、ずっとやれないんじゃないかって思うんだ。」
菜緒:「う~~ん。わかった。」

廉が言う、お医者さまの話は、本当じゃないかもしれない。でも、「ずっとできないかもしれないと思う。」という気持ちが、痛いほどわかる菜緒には、止めきれなかったよね。でも..

1塁へ走る廉..ちょっと手前で、立ち止まる..
菜緒:「廉君、しっかり!しっかり!」

メモ:「廉が倒れた 厚生病院」

青い光の中で、立ちつくす弘人..美しい..赤い救急車のライトのイメージの赤へ..病院へ走る弘人...


この後、リアルにこわかった弘人がいます。

またまた長くなりそうなので、今回は、ここまで....


ドラマ Storyなど.. | コメント:12 |
<<第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~('06.11.4 O.A.) ~~ その3 | HOME | 「たったひとつの恋」1周年 最終回記念 第1段 >>

この記事のコメント

ナオガ ハジメテ スキニナッタ オトコノコ


最初から。。エンディングの二人の寄り添う姿があまりにも綺麗で。。
だからよけいに不安がよぎった。。
。。ズットずーっとヒロトとナオの幸せを願ってた。。
今もだよ・.*。゜・.*。゜

最悪の結末をイメージして免疫つけようなんて努力もしたっけ。。(^^;)

心配が形となってみえ始めた。。4話

ドラマなのに。。
たかがドラマ。。されどドラマ・.*。゜・.*。゜
ワタシの生活の一部ともなった。。たったひとつの恋

恋って二人の気持ちだけじゃないとこあるから。。
いつの時代も。。そう。。
だからややこしくも。。切なくも。。

チョットしたボタンのかけ違いやタイミング。。
ナオのココロも雑音に揺れた☆

ユキと鉢合わせした。。あのトキ
『お客さん?』

『彼女』ってチャント答えてあげてほしかったね。。ヒロト
オンナノコってそんな些細なコトがうれしかったり。。悲しかったり
複雑なイキモノ。。


無駄に優しくしちゃ。。勘違いしちゃうし

そう。。ヒロトは家族思いの優しいコ

ナオの優しさがどれだけレンクンのココロを包んだんだろ。。
ソラノホシガ ナニカノマチガイデ ヒトツダケ オッコチテキタ カンジ
シカモイチバンキレイナ ヤツ☆ *・゜゜・*:.。..。.:*
優しいナオチャンの表現☆


大事な大事な。。
可愛い可愛い。。ヒロトが守るオトウトクン。。



ヒロトの怒り。。




2008-01-29 Tue 12:55 | URL | シマシマ☆彡 #bxvF113M[ 編集]
こんばんは

佳境に向かう重大な局面のところですね。
レンは誰にも言えなかった思いをナオに話す場面には涙が出て・・・自分のせいでみんなが苦労をしている・・・ナオも同じような思い(お金はあるけれど)をしていたからレンの気持ちに沿うことが出来たのかもしれません。

他人とは一線を引くと言うか壁を作っているように見えるヒロト・・・でも本当は思いやりのあるヒロト。
だけどヒロトそれは思いやりじゃないよ、たとえ前に付き合っていてもそこは冷たく突き放すのが正解だよ!ナオに嘘言って出かけるのはダメ!!
テレビを前に呟いた(息子がいるので叫べない)私
です。
2008-01-30 Wed 20:51 | URL | tsururin5 #VJACxf5A[ 編集]
第四話  ~~ 「僕の怒り、君の涙」 ~~
ブログアップありがとうございます♪

でも、一番リピ率低い回かも…。菜緒が弘人にどなられてるのがあまり見れない部分です…。

やっぱり幸せそうにしてる二人が1番好きです♪

第四話は二人のおかれてる状況がすごく出るシーンですが、若い二人の気持ち(特に弘人)が交錯するけど、あの部分があることによって、とりまく問題を肌で感じ、のりこえることによって、弘人&菜緒という運命の二人が真の愛を深めていくためのプロセスだったんでしょうね^^
賛否両論あるけど、大人になって弘人と菜緒があの時のことを思い出して、若気の至りのようなことも後で気づいたり…^^
あの激しいシーンも今心の通じ合った弘人と菜緒にとってはあるべきプロセスだったんだろうし、二人は確実に今手を取り合ってお互いに切磋琢磨して前進しているんだと思います。
2008-02-07 Thu 11:24 | URL | よつば♪ #4oZiha/Q[ 編集]
ユキの登場で、過去の弘人が浮き出された途端、
二人が今まで生きてきた世界の違いを突きつけられた。
想像以上に、二人の環境が違う

「とりあえず、それで、ここ出て。どうしようもない仕事とか、手つけんじゃねえぞ、お前。あと、水商売も・・。たいがいにしとけ な。」

「ウチらみたいな底辺のヤツ、本気であいてにするわけねぇじゃん。意地悪で言ってんじゃないよ。私はそいういうのいやってほどみてきたんだから。これは忠告だよ。」

この台詞。。。
辛くて重たい台詞なのに、どこかやさしい
二人が支えあってきた日々もあったんだな。。。と、
感じた瞬間

踏み切りに立つ弘人に、クジラの声の効果音が重なる

菜緒との恋、ほんとうに大丈夫なの?
とても不安な思いに包まれた

・・・・・感想も、ここまでに! つづく


2008-02-07 Thu 13:25 | URL | メイプル #YxjEC9ZQ[ 編集]

④話 スキですよ。
やっと心が溶け合って、少し気持ちも近づいて…

『そんなこと言ってると、振られるょ』のアト、イタズラっぽく菜緒チャンを見上げて、 [ニカッ] ってわらぅ弘人スキ☆
仕事してる彼を見つめるときって…シアワセ感じるな♪

④話はすごいシアワセな気分のアト… どん底に突き落とされるょうな痛みが待ってて…

でも、裕子さんと弘人の大桟橋の場面は絶品! すべてのセリフを間違いなく言えるくらい、、、
③話と⑤話のリピ率たかい回に挟まれた、隠された逸品だと思います。
2008-02-09 Sat 01:57 | URL | うっち~ #-[ 編集]
リアルタイムで見てた時は、1番リピが少なくて、違う意味で、見るのが辛かったです。
あまりに怖い弘人に、なんか引いてました。
でも、後から見直すと、5話に繋がる大事な回だったと、よく分かりました。
菜緒と廉との会話、同じ境遇を経験した菜緒だから言える、やさしい言葉。
弘人の廉への強い想い。
そして、あんな母親でも、母親への愛情を感じた病院でのシーン。
「ひと恋」の素晴しいところは、どのセリフも全てドラマの上では必要なセリフで、それがのちの話の展開に繋がっていくということです。
2008-02-09 Sat 11:10 | URL | かすみら #-[ 編集]
こんにちは♪

今期ドラマでは、「ひと恋」ファミリーがんばってますね。西Pさんの「斉藤さん」も、とてもおもしろいです。
毎週楽しみにしてるので、がんばってくださいね!

さて、第四話ですね。
私も一番リピ率が低いかも。
基本的に「ひと恋」は感情移入しずぎちゃうので、この回は、ふたりのそれぞれの立場がつらすぎて…(涙)。

大事な人を失うかも…と思う不安はいかほどか。

そうそう、踏切りに立つ弘人のシーンはずごく素敵でした。

2008-02-09 Sat 11:14 | URL | パパは中日ファン #-[ 編集]
こんにちは。
私も1番リピ率は低い回です…
でも、菜緒と廉君の会話のシーンは大好きでした。

他の回ですが、初めて工場で会った時の二人の笑顔は忘れられません。あの時の二人の笑顔は今でも天使に観えます…二人で「月に歌うくじら」を読んでいるシーンもほんとに優しい気持ちになれました…

廉君はほんとに宝石箱にしまっておきたくなるほど、かわいかったですね。

菜緒と廉君のそんな、心温まる会話のシーンの後、訪れる悲劇に直視できなかった自分がいました。
廉君を菜緒に預け、ゆきに会いに行ってしまった弘人…
どうして、デートの約束していたこの日なの?
ほっておけなかった気持ちもわかるけど、廉君が…

ゆきの忠告が、弘人の心に突き刺さる…
踏み切りに立つ弘人…(もう心臓がどっくんどっくん)

この後、こわすぎる弘人が… 
観ているのもつらかったほどですが、この弘人の怒りが、この後の弘人と廉君の会話、裕子ちゃんとのやりとり、菜緒へかけた電話の会話、カフェでの仲直り…などを私たちの胸に強く残るものにしたのかもしれません…

2008-02-10 Sun 15:32 | URL | Ara #b/VIuw/Q[ 編集]
白い雪、吐息、そして白く凍った心に隠された過去の傷、、、、それらが似合ってしまう冬に「たったひとつの恋」は生まれたんですね。

弘人と菜緒、二人とも「死」と言う現実をしっかりと心で体験し、だからこそ「生」への執着が他の誰より強いのですね。
ただ、それが弘人は残された人として、菜緒は自分が去って行く人として想いが違ったのかもしれません。

この回を今、振り返ると私には「命」と言う何物にも代えられない宝物をしっかりと視聴者に伝えている事に気がつきます。

弘人の怒りも、菜緒の涙も生きている大切さの表れなんですね、、、、

2008-02-11 Mon 08:36 | URL | 夢おばさん #dhPffsFk[ 編集]
私も第4話はリピ率が少ないかもしれませんが、
元彼女のユキが登場して、菜緒が弘人の忘れ物を
渡しに来た時の弘人の表情は忘れられません。
私も見ていてすごくドキドキしました。
そして、菜緒と廉くんが野球を見に行って
廉くんが「僕は神様が作った不良品なんだ。」
菜緒が「そんなことないよ!」「廉くんはみんなの宝物だよ。」と言って頭を撫でていたところが、すごく心にジーンと来ました。
第4話は、すごくハラハラする場面が多いのですが、第5話に続く非常に重要な回だと思います。
2008-02-11 Mon 17:37 | URL | ヨーグルト #-[ 編集]
本当にこの回は皆さんリピ率悪いんですね!?

私は、弘人のまた違った一面が表れていて好きなんです。

弘人にとって、廉君がどれ程大切な存在か!菜緒は分かってたから、弘人から逃げなかったと思うし、弘人の怒りを受け入れたんだと思う。

弘人にとって、廉を失うかもしれないという想い。父親を失い、廉まで失うなんて耐えられない事だったと思うから、その気持ちがあの怒りに上手く込められていたと思うんですよね。

確かに怖かったけど...。
でも、廉を失うだけではなくて、信頼して廉を任せた菜緒ちゃんに、そんな事で!?って裏切られたという気持ちも表してたんじゃないかな?


廉君の辛い想いを受け止めてくれた菜緒ちゃん!
でも、弘人は知らなかったんだよね。


廉君を救ってくれてありがとう(>_<)って涙が止まらなかったなぁ~(泣)

でもね、菜緒ちゃん!

言葉が足りないよ!

まずはごめんなさい!じゃないのかな?

謝って済む事じゃなくても、まずはごめんなさい!だよね?

例え、どんな理由があったとしても現実に廉君が命の危険に遭ってるんだから!

ずーっと泣きながらそうTVに向かって語ってた危ない私を思い出したわ(汗)


ユキに対する弘人には「ハァ~~!?何やってるの(怒)」って見てたけど、困ってる人を放ってはおけないんだよね。
お父さんの事があったから。

それでも、駄目なんだよ~(>_<)ってジタバタしながら見てたなぁ~。

この回は色んな大切な事が込められてる回だったよね。

今でも、廉君のやり切れない想いや、救いの手を差し伸べる菜緒ちゃんや、弘人の怒り、不安、どうしようもない気持ちや、かあちゃんの弘人を子供を守ろうとして言った嘘の言葉や、色んなシーンが色鮮やかに脳裏に浮かんで、心に沁みてくるんですよね。
2008-02-13 Wed 03:55 | URL | さちかめ #Xnq8k9Uo[ 編集]
皆様、ご無沙汰しておりました。昨年末~年始めに忙しくなってしかもPCトラブルまで・・・で、今になってしまいました。
 さて、4話ですね。放映時は8話とともに辛くてリピできなかった回でした(苦笑)。でも4話冒頭の’弘人&菜緒の柔らかな笑顔’と’弘人の元カノを前にした菜緒の繊細の表情の変化’にやられてしまい何とか今ではリピできるようになりました。
 家族に対する愛情の深さからの弘人の怒り・・・それは自分自身に対する怒りでもあったように思えます。菜緒にウソをついて元カノの所に行ったことで起こったことでしたから・・・。弘人と同じように家族を大切にしている菜緒は弘人の怒りを当然のことのように受け止めていましたよね。どうしてこんなことになったのと弘人に聞かれたときには廉くんに球を打たせてあげたかったのと理由をいったけど、菜緒は自分の病気のことも話さず弘人ママにも頭を下げてただただ謝ってた。これは菜緒にとって自分の気持ちとか立場とかより弘人の悲しみや苦しみの方が大きいからなんだなと感じました。
 弘人が「何で言わないんだよ」とか「ちゃんと言えよ」とか言う場面はこの回や最終回にも出てくるけど、菜緒にとっては自分のことより弘人のことを考えてしまう故になのかなと改めて4話を観て思いました。
2008-02-22 Fri 06:17 | URL | 亀&綾に乾杯 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |